« 消滅!スターフェリー乗り場 | Main | 伍佰15年精選輯 »

2007.06.24

どうなる鄭伊健のウルトラマン

円谷プロ、タイ製ウルトラマン撲滅へ
070624_ultraman

 そう言えば以前から「タイのアユタヤにウルトラマンランドがある」とか、「鄭 伊健(イーキン・チェン)が中国版ウルトラマンに出るらしい」とか、ぽつぽつと情報があったそうなのですが....。今回の事で点在する情報がなんとなく繋がってきました。

 「チャイヨー・プロダクション」と言う会社がタイにあるのですが、この会社はウルトラマンシリーズの海外での版権を円谷プロダクションから買い取り、アジア圏での海外放映やキャラクター販売を幅広く手掛けているらしい。で、円谷プロから訴えられたりと、いろいろごたごたが絶えないそうだ。

 気になったのでググッて行くと、版権についてはいろいろ経緯があるらしく、どうも一時期怪獣ブームが去って円谷プロが傾いた時に、会社存続のために海外での版権をチャイヨーに売ったのは確か(契約自体を偽物と円谷プロが訴えたが最高裁で敗訴)。この時「タダ同然だった海外での版権を円谷プロの経営を助けるためにチャイヨーが買い取った」のか「チャイヨー円谷プロの足もとを見て安値で買い叩いた」のかは、ちょっと分からない。諸説あるみたいですが、とりあえずウルトラマンタロウあたりまでの版権はチャイヨーが持っているそうです。

 問題はこの後。ウルトラマンレオ以降から第2期ウルトラマンブームの新シリーズにまでチャイヨーが関与したり、円谷プロとは別に独自のウルトラマンを製作したり、ウルトラマン博物館を建設したりと言う部分だそうな。要はチャイヨーの暴走というところでしょうか。

 今回の判決では円谷プロの勝訴で、チャイヨーが中国向けに製作した「PROJECT ULTRAMAN」は「違法である」との事。しかし良く分からないのがこの2005年の記事。

中国版「ウルトラ」番組を制作 円谷英明・円谷プロダクション社長

....ここでは確かに円谷プロが中国人俳優が主演の中国版ウルトラマンを製作すると言明しています。そして翌2006年2月の情報ではチャイヨー鄭 伊健(イーキン・チェン)主演の中国版ウルトラマンを製作すると発表。流れを見る限りでは円谷プロ監修でチャイヨー製作のウルトラマンなのではないかと思ってしまうのですが、昨年秋から円谷プロが中国でチャイヨーを訴えると言う事態に。

 気になる「PROJECT ULTRAMAN」、当初は2006年に中国で放映される予定だったのですが、駐在の方からの情報でも「観たよ」と言うお話が全く聞こえてこない上に、訴訟沙汰になっていることもあるので、未だ放映はされていないらしいです。もし観た方がいらっしゃいましたらご一報をお願いします。予告編がYouTubeにありますのでご紹介します。(情報提供:ぽちさん。ありがとうございます。)

070628_projectultraman

 映像を見る限りではとても「ニセモノ」と言えないぐらいのレベルに仕上がっています。全52話もあるそうですが、このクオリティーで全編できあがっているとすれば、かなりすごい。恐らく日本で観ることは絶対無理っぽいですが、ご本家円谷プロのウルトラマンよりもウルトラマンに対する愛情が感じられるような気がするのは私だけでしょうか....?


↓↓関連情報(タイ語ですが写真多し)↓↓
Project Ultraman The Series Begin...!
Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!


|

« 消滅!スターフェリー乗り場 | Main | 伍佰15年精選輯 »

Comments

まだ本国でも放映されていないんですねぇ。とっとと放映しちゃえばよかったのに(暴言ですが)。

本家円谷もウルトラへの愛は素晴らしいですよ。この3月まで放映されていた「ウルトラマンメビウス」は過去の昭和ウルトラのエッセンスをふんだんに盛り込んだ秀作です。

一方違法になってしまいそうですがチャイヨーのウルトラに対してもものすごく本気を感じます。
権利関係のことを蔑ろにするつもりはありませんが、作品に罪はないんで、機会があれば見てみたいものですね。

というか、タイや中国で日本と同じくらい、それ以上にウルトラが愛されているという事実がとても嬉しいことであったりします。

Posted by: ぽち | 2007.06.24 at 10:59 下午

こんばんは。今年三月に香港で開かれた鄭伊健のファンミでこの予告編を見せられました。「ウルトラマン」というより「スター・ウォーズ」的でしたが・・・でも力入ってるのはひしひし感じられました。そういえば、もうすぐ放映になるよ、とは言われたけどいつかははっきりしなかったので、まさかこのままお蔵入りでしょうか(泣)
本人、いろんなところで「ウルトラマンになって嬉しい」って話してますが、幻で終ったらがっかりするだろうな・・。

イーキンは右側のウルトラマン・エリートを演じ、あとの二人のウルトラマンはタイ人の俳優さんが演じているそうです。中国で放映するためというのではなくて、中国を含むアジア全域での放映を視野に入れて、ということでイーキンは抜擢されたとのこと。なので、セリフは全部タイ語にふきかえられると聞いています。

Posted by: いーたん | 2007.06.26 at 11:08 下午

ぽちさん、いーたんさん、こんにちは(^-^)/。
見たいですよね〜、これ。いーたんさんが見た予告編は上のYouTube版とは別バージョンでしょうか。

円谷とチャイヨーのごたごた、今回のウルトラマンの話も絡めると、報道特集やバンキシャ!あたりで特集組んでもいいぐらいの濃い内容になりそうです。やってくれないかな〜どっか。それがきっかけで放映にこぎつけてくれれば....。

Posted by: 岸上 孝 | 2007.07.01 at 01:31 下午

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19209/15540570

Listed below are links to weblogs that reference どうなる鄭伊健のウルトラマン:

« 消滅!スターフェリー乗り場 | Main | 伍佰15年精選輯 »