« 四月 2006 | Main | 六月 2006 »

2006.05.25

ひさびさ蘇慧倫(ターシー・スー)

060525_tarcysu

 前作の「戀戀真言」以来、ベスト盤が出てはいたものの、なんと5年ぶりのニューアルバムです。

 1997年、都合半年ばかり台南に住んでおりました。同僚から自転車を借りていて、週末になると駅の南のレコード屋に通いつめ、蘇慧倫のCDを買い集めては寮で聞きまくる日々。あれから10年近くも経っているのですね。

 以前はばんばんアルバムをリリースしていたのですが、やはりアイドルであることに疲れたのでしょうか。本当に歌いたいものだけを歌う、ということでしばらく歌手活動から遠ざかり、テレビドラマに出ていることが多かった様です。今回のアルバムはまるで空気のようにソフトな曲でまとめられています。

 でも「檸檬樹」や「鴨子」の弾けた感じもとても好きでした。中国語もほとんどできなかったのですが、なぜかカラオケで蘇慧倫の歌だけは歌えるようになりました。

 手もとのiPodに持ってるアルバムを全部放り込んでいるのです。ちょっと並べてみます。

 Happy Hours
 Lemon Tree
 Maybe Tomorrow
 The Best of Tarcy Su
 我有時會想
 自然喜歡[イ尓]
 寂寞喧嘩
 就要愛了[口馬]
 鴨子
 愛上飛鳥的女孩
 懶人日記
 追得過一切
 甜蜜心事
 六月的茉莉夢
 話説蘇慧倫X档案
 満足
 [イ椶-木]瓜
 圏圏

....と、今回の「蘇慧倫」で19枚。う〜ん、やはり買い漏らしがある(^^;)。

 しばらく歌ってなかったけど、今度カラオケ行ったら歌おうかな、蘇慧倫

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2006.05.20

iBook修理完了(=゚ω゚)ノ

 さて日曜に福山通運に託した愛機、何の連絡もなくいきなり火曜日に戻ってきました。事前に連絡があるのかと思っていましたが、不在のまま自宅に届けようとして倉庫に戻ったようです。

 という訳で水曜日、愛機が戻るまで自宅で待機。

 お昼前にたいそうな段ボール箱に入れられたiBookが戻ってきました。さっそく修理報告書を読みます。


 起動音なし、画面真っ暗の状態、バッテリー充電不可を確認し、ロジックボードを交換いたしました。画面に横線が入る症状を確認し、液晶パネルを交換いたしました。ボトムケース破損を確認し、ボトムケースを交換いたしました。ファンから異音を確認し、ファンを交換いたしました。


 交換部品はロジックボード、液晶パネル、ボトムケース、ファンの4点のみ。ハードディスクは以前のままです。とりあえずほっとして、その先を読みましたら


 検査の為、ハードディスクを初期化しシステムをリストア致しました。










 が〜〜〜ん










 ハードディスクがまっさらぴ〜〜〜ん....〇|‾|_










 2年分の記憶を喪失してしまいました......。キーボードの文字のかすれ具合が、まぎれもなく私の使っていたものであるという痕跡をとどめている事を除けば、まさに「ボクって何?」状態です。

 まあこれだけ交換して搬送料込みで45,150円で済むんですから、買うよりは遥かによいですが....。

 みなさん、なくしちゃ困るデータはこまめにバックアップしましょう。しくしく。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.05.13

iBook 昇天 (T^T)

 昨日、愛機iBookが突然ブラックアウト。再起動も出来ず、やむを得ずACアダプタを引っこ抜き、バッテリーを一旦外してハードディスクの回転を無理矢理止めました。

 再度バッテリーを取り付け、ACアダプタを差し込んだ上で電源ボタンを押す。

 起動音のかわりに発せられた音は「がががががががががが〜〜〜〜〜〜」と言う怪しげな音のみ。何かが空回りしているのか。再びACアダプタを引っこ抜き、バッテリーを一旦外してハードディスクの回転を無理矢理止める。

 再度バッテリーを取り付け、ACアダプタを差し込んだ上で電源ボタンを押す。

 またもや「がががががががががが〜〜〜〜〜〜」と言う怪しげな音。

 だめです。起動の気配も感じられません。

 同じ事を何度も繰り返すが、症状は全く好転せず。


 本日、アップルケアに電話しました。修理は出来るようですが、症状からみてハードディスクのトラブルっぽいのでデータ消失が一番コワイです。

 実は「がががががががががが〜〜〜〜〜〜」と言う異音は今年初め頃より現れていました。最初は寒さが原因ではないかと思ってエアコンの暖気にあててみたりいろいろしてみたのですが、iBookの左手前を持って宙に浮かせて電源ボタンを押すと無事起動することが分かり、以後は起動時にそう言う裏技を使っていたのです。

 それがここ数日、同じ事をしてもなかなか起動しにくくなり、いろいろやっているうちにiBookの左手前を持って宙に浮かせた後にトラックパッドの左上を押さえながら電源ボタンを押すと無事起動することが分かりましたので、それで起動させておりました。

 ところがとうとうその手も効かなくなってしまいました。


 異音がするたびにバッテリーの取り外しを繰り返しているうち、実は2月頃以来バッテリーが充電できなくもなっていたりします。


 思い起こせばiBookのブラックアウトも去年の秋、中国にいた頃から時たま発生しておりました。でもその頃は強制再起動すれば何事もなかったかのように動いていたのです。


 このiBook、液晶画面には上から3分の1くらいの所に2ミリ幅ほどの横線が走り、とても鬱陶しかったのですが、この症状、昨年の8月に中国に移動したときより始まっています。最初は自然に治るかと呑気に考えていましたが、以来横線をデフォルトとして使用しておりました。

 液晶に横線が走り、ブラックアウトが起こり、異音で起動しなかったり、宙に浮かせないと起動できなくなり....。


 今から思えば、トラブルの兆候は9ヶ月も前から出ていたのですね。ちょっと後手に回りすぎました。

 仕事のデータはWindowsも併用したり中国と日本を繁雑に移動する関係上、ポータブルの外付けハードディスクに入れていたので問題はないのですが、メールの送受信はすべてiBookで扱っていたのと、何より去年春より撮っていたデジカメのデータが全てiPhotoに収められていたのがイタい。亜州明星総覧を含めたホームページの最新データも入っていました。

 昨日、さすがにかなり調子が悪いのでデータを新しい外付けハードディスクに移設しようと考え、その作業を始めた矢先の事でありました。バックアップならず。あぁ〜〜〜悔やまれます(-_-)。


 あのデータは無事保存されて帰ってくるるやいなや。


 アップルケアとの対応の中で、ハードディスクの初期化に同意しますかとの質問がありました。同意する以外に選択肢はありません。もはや祈るのみ。


 現在、おととしにヒンジのぶっ壊れた先代のiBookを2年ぶりに起動させてアクセスしております。

ibook-hinji.jpg

 もう2年も使ってない「Mac OS 9」。とっくに忘れていて、かなりハードルが高いです....。あぁどうかハードディスクのデータが蕪辞でありますように.....。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.05.02

帰国しました。

 ども。とりあえず4月30日に無事帰国しました。

 蛇口のフェリーで香港空港に向かったのですが、中国も大型連休。予想に違わず中国人の海外ツアー客がどどっと乗り込んで、私の船も1等座席しかなくて、しかも乗り込めば2等座席からあぶれたツアー客が1等座席に目一杯乗り込んできて、結局2等も1等も変わりない雰囲気になってしまいました。

 やはり中国80日の生活の緊張がほぐれたのでしょうか。船に乗り込んだとたんに気を失いそうな眠気が襲ってきました。

 GW、ちょっとリハビリです。あ〜今回の出張も大変でした(^。^;)。帰国したとたんネット接続が快適快適。YesAsiaだってな〜んにも問題が出ません。自宅は光接続なので2ヶ月以上たまっていたアップロード作業も瞬時にできちゃいました。万里のファイヤーウォールやら超のろまなADSLやらと、あの中国での苦労は何だったんだろう....。

 以上、とりあえずご報告まで。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 四月 2006 | Main | 六月 2006 »