« 二月 2006 | Main | 四月 2006 »

2006.03.27

古本を香港で売って下さい!

 ようやく温かくなったかと思ったら、最近は雨ばっかりです。スーパーに買い出しに行くのもおっくうになります。

 中国滞在ビザの無いわたくし、2週間に1度は国外に出なければなりません。と言ってもパスポートに出国スタンプが押されればオッケーなので、自宅から最寄りの地下鉄で30分、羅湖経由で香港に行ってきました。

 春の香港界隈、なんだか日本人が多いです。この時期って休みをとりやすいんでしょうか?ペニンシュラの周辺では無防備に日本語のガイドブックを広げて佇む女性があちらこちらに。通りすがりのおじさんの団体も関西弁だったりで。いつものようにHMVで港台の新譜のチェックをしておりましたら、なんとここにも日本人。「華流」関係の雑誌のコピーを何枚も取り出しながら友人と「これが最新盤じゃない?」とか話していました。うう、もしかしたら私のサイトを覗いた事があるかも知れません。昨日のお昼に尖沙咀HMVで赤いリュックを片がけしたオッサンを見かけましたか?それは私です(^^;)。

 さて今回ちょっと銅鑼灣の崇光(そごう)でお買い物。日本の食料品などは大抵深[土川]のジャスコで間に合うんですが、そごうの品揃えはその比ではありません。ジャスコになくてもここに来れば大体足ります。そごうの地下2階食料品売り場。日本語率、極度にアップです。味噌のコーナーでは駐在員の奥方様とおぼしき女性が数名かがみこんで吟味の真っ最中。お菓子のコーナーではしゃぐ日本人のガキンチョ。ちょっと微笑ましい。

 そしてここの11thフロア、日本で言う12階には日本の本が売られています。ひさしぶりに覗いてみましたが、去年よりもフロアを拡充し、思いっきり充実した品揃えになっています。物色する人々も老若男女含め、9割がたが日本人って感じ。これでもかと言うくらいの日本語の洪水です。漫画本のところでは日本人の青年が2人、アニメの声優についてアツく語り合っていたのが印象的でした。やはり輸入しているだけあって日本よりかなり割高。当然なのですが。

 本屋と言うと、香港や華南に駐在していて知らない人はいないであろう、そして旅行で来られる方にはほとんど知られていない(と言うより用がない)であろうと言うスポットがあります。

 その名もトマトブックス。

 場所は意外や、これまた日本語比率の異様に高い尖沙咀デューティーフリーショップのすぐ近く。地図で示してみます。

060327_tomatomap

 デューティーフリーショップは南に大きな入り口があるのですが、奥に入って左側、西の方にも入り口があるのです。道の向こうから撮影してみました。

060327_tomato01

 ここの右側がデューティーフリーショップになりますが、左側にエスカレーターがあります。ここを登ります。

060327_tomato02

 エスカレーターを登り切ったら右に曲がります。廊下の右手がイタリアントマトカフェ、そして左手が目指すトマトブックスです。

060327_tomato03

 ここがそごうと違うのは、古本が売られている事です。つまり日本人駐在者や長期旅行者などが読み終えた本などを買い取り、また他の方に読まれていくと言う、在留日本人のリサイクルの場なのです。立ち寄る人も当然日本人ですが、観光で来たような方はめったに見かけません。

060327_tomato04

 こんな感じで香港では日本の本は手に入りやすいのですが、中国本土に入ると文化局の規制がかかり、ほとんど売られている事はありません。勢い華南方面に長期滞在している人々は「読み物」が欲しくなったらはるばる香港まで足を運び、カバン一杯にまとめ買いして戦場に舞い戻っていくのです。ここは香港はもちろん、華南戦線一帯への「読み物」の一大補給基地なのです。

 ただ、ちょっとここへの供給が足りないような気がします。香港に旅行しようと言う方、帰りにはお土産などで一杯になるスーツケースも、行き掛けには空間が結構あるんじゃないでしょうか?そこにちょっと読まなくなった本を入れて、デューティーフリーショップに行ったついでにトマトブックスに持って行きませんか?なかなか海外でこうやって小銭を得ると言う経験はないかと思います。考え様によってはオシャレ....でもないかも知れませんが、ボランティア気分で古本を持ってきて下さると大変助かります。

 香港に来られる方、どうか古本を売って下さい。

tomato books
UG03, THE SUN ARCADE, 28 CANTON RD., T.S.T.
TEL : +852-2314-3283

 香港での用事を終えて羅湖でボーダー越えの列に並んでいると、なぜかここも日本語率が高い。春休みなので学生さんが旅行に来ているようです。昨日は輪行袋をかついだ青年もいました。「日本製の」「高価な」「自転車」を持ち込んでの中国旅行ですよ....格好の標的になりそうです。盗られても笑い飛ばせる太い神経を持っている事を願います。それに、中国の道は路肩付近にとんでもないゴミなどがやたらめったら転がっていますので、くれぐれも慎重に走って下さい。一路平安!

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.14

寒波再来ヽ(`Д´)ノ!!

 ここ亜熱帯の深[土川]方面にまた超寒波が襲来しました。

 日曜は仕事の画材購入のため香港に向かうべく昼前に寮を出発したのです。そとは薄曇りですが結構なぽかぽか陽気。仕事でも無いんだしとTシャツとジーンズにサンダル履きで深[土川]地下鉄で羅湖のボーダーに。ボーダーを越えていざKCR(廣九鐵路)に乗ったところ、なにやら肌寒い。外がぽかぽか陽気のせいなのか、車内はクーラーを効かしているのです。終着の尖東站まで45分。ぽかぽか陽気もどこへやら、むき出しの腕が冷たい。

 ようやく地上の風にあたって体調も回復。スターフェリーで中環に渡り、画材屋探訪の為に徘徊。まだまだ歩き回ると汗も出るくらいの気温です。中環〜灣仔〜中環と動き回り、夕方にまたKCR(廣九鐵路)に。この頃にはさすがに陽気もなく、それどころか電車が地上に出たら雨まで降ってきました。この状態でクーラーなんかつけるなよ!と思うのですが、そこは香港。ちょっとやそっとの寒さではクーラーは切りません。

 何やら体調がおかしくなってきました。ボーダーを戻って深[土川]地下鉄に乗る頃には悪寒が走り、終点を降りたあとは冷たい雨の中、体が小刻みに震えるのを感じながら寮に小走りに帰りました。完璧な風邪の初期症状。さっさとふとんに入って眠りました。

 よく月曜は朝から10度くらいの気温。通勤時には手がかじかむような感覚。今日火曜日も寒いです。風邪の方は爆睡してなんとかなおしましたが、もう寒いのはごめんだなぁ。今日の夕方から温かくなるそうです。

 写真は画材屋探訪のおりに撮った香港の風景。やっぱり好きです、香港。

060314_hongkong01


060314_hongkong02


060314_hongkong03


060314_hongkong04

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.06

深センにスーパー銭湯あらわる!!

 去年までは日本を出る毎に「これで温泉ともお別れだ〜」と覚悟を決めて中国に向かっていたのです。寮には洋式のバスタブがあるんですが、アレに膝を曲げてむりやり肩までつかるのも悲哀を感じてしまいます。やっぱり腕も肘も思いっきり湯舟の中で伸ばせるようなお風呂に心ゆくまでつかりたい!と日本人ならたいていの方は考えるかと。

 それがどうやら去年の秋頃から香港とのボーダー近くに雨後のタケノコのように続々と桑拿(サウナ)が登場しはじめていて、中には手足を伸ばして入れるお風呂付きの店もあるのだとか。今回の出張で来た翌日にさっそく、同僚の台湾人たちがとてもお気に入りだと言う場所へ連れて行ってくれました。場所は皇崗口岸から遠からず、地下鉄四号線福民站のほど近く。

 受付でブレスレットをもらったら、右が男湯、左が女湯。脱衣場のセキュリテリーはかなりしっかりしています。ここで裸になってタオルを巻き、いざ。

 をを、なんと目の前にはジャグジー付きの大浴場が!!向こうにはドライサウナあり、スチームサウナあり、何種類かの薬湯ありで、これは桑拿と言うより、まんま日本のスーパー銭湯か健康ランドかスパワールドか....!!

 おぢさんは感涙しました。たあっぷりとサウナで汗を流し、テレビを眺めつつ大浴場に存分につかった後は、浴衣(のようなもの)に着替えてひとつ上の階に行きました。ここはレストランあり、マッサージあり、ミニシアターありで、そのレストランは満開の桜の木を模したインテリア。ここで日本食とビールを頼んだら、いったいどこの国に来たのか分からなくなるくらいです。足マッサージは一人ずつ液晶テレビで好きな番組を観ながらと言う居心地のよさ。う〜んいいぞ。

 マッサージをおえて同僚の台湾人とほろ酔い気分で場内をあちこち散策していると、なんと卓球台までありました。台湾人は「温泉に来たんだから卓球しないと!」と意味不明の発言をしてピンポンで真剣勝負してました。汗をかいたのでもう一度お風呂に。

 サウナでしこたま汗かいてたっぷりお湯につかって食事とマッサージ、しめて120元くらい。個人的にはかなりリーズナブルに感じました。お店の人に聞いたところ、まだあまり日本人には知られていないらしく、来る人は少ないとのこと。もっぱら香港人のお客さんが相手だそうです。いや〜もうこっちに来てからほとんど週1回くらいのペースでつかってます。まだご存じないと言う深[土川]にお住まいの方、お勧めです!!

 日本人で集まって一度ここに「温泉旅行」してみたいなぁ。たっぷりお温につかった後は(模造品の)桜の木の下で大宴会だっ!!

060220_spaworld

 余談ですがこのお風呂屋さん、「入れ墨の方お断り」ではありませんでした(^^;)。


世外桃源(Shangri-La Club)
深[土川]市福田区福民路皇崗公園一街 皇庭彩園一、二楼
(水圍街人人楽百貨路口直入)

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.03.01

寒波襲来ヽ(`Д´)ノ!!

 ども。日曜のオフ会は大変盛況に開催されました。実は夕べもミニオフでした。小肥羊で鍋した後に足マッサージに歩いて向かったのですが、寒い事寒い事。北の内陸部より強〜い寒波がやってきているのです。朝の香港ニュースでは、あまりの寒さに公共施設で防寒宿泊措置をとったとか。なまじ亜熱帯地方であるために建物の防寒設備がお粗末で、石やコンクリートが骨にしみるような底冷えを演出してくれます。

 いやぁ〜、風もすごかった。今朝、出勤する道すがらにはいろんな物が道ばたに粉々に飛び散っておりましたわ。頭に当たったら死ぬかも。この寒さ、明日の昼頃まで続くとの見通しです。以上、天気報告でした。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 二月 2006 | Main | 四月 2006 »