« 六月 2005 | Main | 八月 2005 »

2005.07.25

Kiss Radioに直リンク

 ずいぶん前の記事で台湾高雄のラジオ局・ Kiss Radioの網路直播(インターネット放送)を紹介していますが、ふと思い立って左に直リンクを貼りました。一応前の記事では、どうやれば聴く事が出来るのかという説明を一通り書いたのですが、やっぱり面倒だし、自分自身はワンクリックで毎日聴いている状態なので、皆さんにも同じ環境をご案内しておこうかと。大抵の環境ではクリックするだけでWindows Media Playerが起動してバッファが完了すると聞こえてきます。

 インターネット放送と言っても、だいたいは週1回だけの更新だったり内容も数時間しかないというところが多いですが、Kiss Radioのインターネット放送は実際に台湾本土内のFM電波に流しているコンテンツをリアルタイムでそのまんま全て配信しているという、音楽著作権に配慮している気配がまったく感じられないかのごとき放送形態を取っています。おまけに「今流れている曲は誰の何という曲名なのか」までネット上で紹介していたりして(これの見方は以前の記事を参考にして下さい)。仕事中流しっぱなしで、もう2年ばかり聴いていますが、すこ〜しずつ聞き取り度合いがアップしてきているのが個人的には嬉しいです。中国語の学習にも多少なりとも効果があるかも!?お勧めです。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.22

F4@吊り広告

050723-F4

....タイトルそのまんまです。会社帰りの電車の中で見つけて、思わずイクサス君を取り出してパチリ。こういうのが吊り広告になる時代になったんですねぇ。台風の予感。頭文字Dの公開で、また盛り上がるでしょうか?

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤原とうふ店

 このネタは知っている人も多いとは思いますが....。

 私が中国の東莞で仕事を始めたのは2002年の暮れからなのですが、とかく華南あたりの工業地帯というのは殺伐とした悲惨な場所がほとんどで、以後休みの度に香港に脱出しておりました。で、ふと香港の街中を走る車に「藤原とうふ店」と書かれているのを見ました。香港でも日本食は結構人気がありますので、そう言った日本料理屋に豆腐を供給する豆腐店があってもおかしくありません。流通というのはそういうもんだよなぁ〜うんうん、と一人納得していたのです。それに「藤原豆腐店」と書かずに、わざわざひらかなで「とうふ」としている所が日本情緒らしさもあってかえって目立つし、考えているなあと感心していました。

 しかし、香港に行く度にちょこちょこ見かける「藤原とうふ店」の文字。車がこれだけ走っているなら一度ぐらいお店が目に入ってもおかしくはないのですが、そう言う経験はまったくありません。不思議だ。

 そして今年にはいると、「藤原とうふ店」と書かれた車を深[土川]でも発見。いよいよ「藤原とうふ店」が中国本土に本格展開をはじめたのかと思っておりました。日本食ブームもここまで浸透していると思うと、なかなか嬉しいじゃありませんか。

 さて、今年の4月に帰国し、朝はテレビを観ながら身支度をするのがもっぱらになりましたが、ある日その中で珍しくもジェイ・チョウの事が話題になりました。いつもは日本の芸能情報がメインだし、時間も限られた中でよくやってくれた物だと思いましたが、何でもジェイ・チョウが主演した映画が香港で大ヒットしているのだとか。興行成績でついにスターウォーズを抜いたという話題にはぼやっと合いの手をうっていたアナウンサーも思わず「えっ!?」と漏らしていたのがおかしかったです。

 もともと歌手としてかなり人気の高いジェイ・チョウですが、彼が俳優としても大成功しているその映画は頭文字Dと言うのだそうで、最近いろいろ調べていくうちに分かったのが、なんと原作は日本の漫画家・しげの秀一でありました。しげの秀一と言えば(歳も歳なので)ふた昔前の「バリバリ伝説」は記憶にありますが、未だ現役で頑張っていらっしゃったんですね(失礼!)。

 そして、その映画の中で主人公の乗っている車に書かれた文字が「藤原とうふ店(自家用)」だったのです!

050722-fujiwara

 この「Initial-D」は漫画やゲームなどで日本のみならず、香港や台湾でも人気があり、ファンの間で自分の車に「藤原とうふ店」と書くのが流行しているらしいのでです。ググってみたところ、香港や台湾は言うに及ばず、最近は遙か北京にまで「藤原とうふ店」が進出しているのだとか。うむむ、そうであったか。そりゃあ店は無いわな。

 しかし中国に人気が及ぶとなると、昨今の事ですからいろいろな状況が想像されます。

1・自動車修理屋で「藤原とうふ店」と書き込むサービスを始めた事が宣伝になる。
....もう既にやっていそうですな。

2・中国で「藤原とうふ店」が勝手に商標登録され、「藤原とうふ店」と書かれた車にライセンス料を要求する。
....これも「クレヨンしんちゃん」の登録が上海でありましたから、ありえなくはないな。

3・日本語に精通していない人間が誤植でタイピングして「藤原とラふ店」と言うステッカーを作ってしまう。
....目撃された方がいらっしゃいましたらご連絡を!

4・「藤原とうふ店」と言う名前で麻婆豆腐とかの豆腐料理店を開店する。
....これはちょっとありそうにないな。

 因みに先日の反日デモでボコボコにされた日本車には、実はすべて「藤原とうふ店」が書かれていて、それが目印になった....と言う話はどこからも聞こえてきませんでした。

 この香港映画頭文字D、いよいよ日本でも9月から公開されるそうです。

050722-initialD

 因みに 「藤原とうふ店」と言う豆腐屋のオヤジは、あの八仙飯店之人肉饅頭で人をぶった切って死肉でまんじゅうを作って売りさばく役で第13回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞したアンソニー・ウォンだそうです。さすがに人肉で豆腐を作る話にはなっていない、と思います(^-^;)。「リターナー」に出ていた鈴木 杏ちゃんも出演しています。


 おまけ。ググっているうちにそのものズバリの藤原とうふ店と言うブログを見つけましたが....日本の方ではないようです....(^^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (6) | TrackBack (2)

2005.07.19

討ち死に寸前でした

間がえらい空きましたね。ちょっと本業がてんてこ舞いで、あわや討ち死にという場面に近づいていたのです。
まあなんとか救助の手が差し伸べられ、何とか延命処置が施せたのですが。
と言う訳で、次回の中国行きはお盆明けです。
とりあえず近況まで。
順調なのはアフィリエイトだけだな、最近(^-^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.03

台風大挙上陸!

 いやぁ、ひと月ぶりに土日ともそろって休みになりましたよ。予想通り土曜はぐったりというかだらだらというかでリフレッシュ♪今朝は雨の上がっている時間にちょこっとジョギングもしたりして。で、午後にひさびさにハンドルを握り、近所の郊外型書店に寄ってみました。ここの本屋は韓流本とかの芸能関連本が異様に豊富な店なのです。

 行ってみて驚きました。韓流本が並んでいるのは当然としても、F4やら台湾ドラマやら、いつの間にか台風が吹き荒れているじゃあありませんか(=゜□゜)ノ!!以下にざざっと列挙します。


050703-taifeng01 「恋してるっ!!台流スター」
大型本: 96 p ; サイズ(cm): 30
出版社: TOKIMEKIパブリッシング ; ISBN: 4048945440 ; (2005/01/31)






050703-taifeng02 「恋してるっ!!台流スター (2)」
大型本: 94 p ; サイズ(cm): 30
出版社: TOKIMEKIパブリッシング ; ISBN: 4048945483 ; 2 巻 (2005/03)






050703-taifeng03 「恋してるっ!!台流スター (3)」
大型本: 98 p ; サイズ(cm): 30
出版社: TOKIMEKIパブリッシング ; ISBN: 4048945564 ; 3 巻 (2005/06)






050703-taifeng04 「もっと知りたい! 台湾TVドラマ」
大型本: 151 p ; サイズ(cm): 29
出版社: 共同通信社 ; ISBN: 4764130726 ; (2005/05/16)






050703-taifeng05 「台流エンタメ・コレクション」
大型本: 114 p ; サイズ(cm): 29
出版社: キネマ旬報社 ; ISBN: 4873766176 ; (2005/06)






050703-taifeng06 「台湾スターお宝PHOTO BOOK (1)」
ムック: 78 p ; サイズ(cm): 29
出版社: 双葉社 ; ISBN: 4575477427 ; Vol.1 巻 (2005/05/20)






050703-taifeng07 「ASIANシネマ&テレビライフ (Vol.2)」
大型本: 82 p ; サイズ(cm): 29
出版社: 学研 ; ISBN: 4056039771 ; Vol.2 巻 (2005/04)






 結構戸棚がにぎやかで嬉しかったです(*^^*)。あの「雪天使」も詳しく紹介されていましたし、じわじわとブレークしていくんでしょうか!?先行きが楽しみです。私もアフィリエイトの設定ばっかりしていないで新規明星の追加登録に力を入れなければ...(^-^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.07.01

原点回帰で仕事してみた

書き込みが1ヶ月も空いてしまいました。

暫く中国に行く必要もないし、本業の工業デザインで日銭を稼いでみようかと考えて活動していました。いやぁ、予想していた通り土日も無い忙しさで、しかも薄給と言う事を実感。バブルの頃はこんなんじゃ無かったんですが、あれは見果てぬ夢でしたなぁ(--;)。

やはり多方面に展開しないとつらい物があります。今月は体制を立て直して、中国出張も見据えて動く事になるかと思います。

と言う訳で、とりあえず近況報告です(^^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« 六月 2005 | Main | 八月 2005 »