« 一月 2005 | Main | 三月 2005 »

2005.02.24

27(日)オフ会参加者募集(=゜ω゜)ノ

 大家好!取り急ぎ今度の日曜に深圳でのオフ会が決まりましたのでご連絡します。ご近所の方で日曜お手すきの人は是非ご参加下さい。

集合日時:2月27日(日曜日)正午
集合場所:粤海酒店(Guangdong Hotel Shenzhen)1階ロビー

041011yuehai.jpg

当日の予定:
 事前参加表明の方が全員集まったら近所の日本料理屋(真壁町、竹苑、梅田のどこか人数で考えます)へ に入って2時間ぐらい食べて飲んで日本語を喋りまくる(^-^;)。
 お腹がくちた所で、健全カラオケ・酷比龍(Coobie Dragon)に移動。日本語や中国語の歌を歌って踊る(^。^;)。

diwang-map.jpg
 「1」が广深鉄路の深圳站です。「3」がカラオケ・酷比龍(Coobie Dragon)の場所です。お店の外面はこんな感じ。
040523-02.jpg

 参加表明は幹事のSongさんのホームページ:宋建昆的首頁の中の海外駐在員と出張者の独り言&中国情報何でも掲示板に書き込んで下されば結構です。初参加大歓迎!多分当日飛び込みでも構いませんが、事前参加表明なしで遅刻されますとロビーに誰もいなくなっている可能性が大ですのでご注意下さい。飛び込みの場合はブログの私の顔を探してもらえれば何とかなるかと思います。

 では皆様、当日お待ちしております(^-^)/。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.02.20

深圳寒いです(T^T)

 さてさて、旧正月の休暇明けで日本から戻る駐在員が殺到したのかどうか分かりませんが、もう少し早く行くはずだった深圳出張が18日の金曜日にずれ込んでしまいました。行っても土日じゃん....と言った所ですが、実は土曜日には成型品の品質チェックで工場まわりの仕事が待ち構えておりました。ほとんど「中国てなもんや製造業」です。

 空港に着くと結構並んでいます。自分の番が来ました。カウンターの小姐は言いました。「エコノミーが満席なのでビジネスにお回ししてもよろしいでしょうか?」

....もちろん「嫌です」とは言う訳がありません。さすがに座席を取るのも難しい時期だけありました。と言う事で「エコノミー料金でビジネスに乗らせてもいました」事件(?)です。

 嬉しくなってチケットを撮っておきました。

050220-ticket

 こうなるともうあぶく銭の転がり込んだ成金状態ですね(*^^*)。乗る飛行機はビジネスもエコノミーも同じ入り口なので、ビジネスのお客さんが乗り込んだ後に搭乗案内がされるエコノミーのお客さんは、先に配られた雑誌なんぞを悠々と読みながらチラリと向けられるビジネスのお客さんからの視線を感じながら後ろの席に乗る訳です。私もエコノミーチケットで乗ったにもかかわらず同じ階級に居座っていますので、しばし「ふっふっふ、おぬしら哀れよのうヽ(`▽´)ノ」と矮小市民的な優越感を堪能させて頂きました(^^;)。さっそくビジネスにしか付いていないスリッパに履き替えて、いかにも最初からビジネスでチケットを購入したように振る舞う。飛行機の中の雰囲気はこんな感じです。

050220-buisinessseat

 本当にゆったりしていてくつろげますなぁ....ヽ(´ー`)ノ....

 お食事もクオリティーはもちろん、エコノミーの機能一辺倒・アルミ箱じゃなくてしっかり陶器の器に盛られているのが嬉しいです。機内食の内容や今後の食事の詳細は深圳便當紀行を再起動しましたのでご覧下さい(^。^;)。

 それにしてもなんですか?この深圳の寒さは!?私は寒い日本を離れて亜熱帯に来たつもりでいたんですが....。なんか、こっちの寒さは骨に来ます。芯から冷えるという感じ。同僚の台湾人からは「日本の方がもっと寒いのに何でそんなに寒い寒い言うねん(関西弁)」と言われてしまいましたが、何か違うぞこれは。

 建物。マンションの壁とかがコンクリートやブロックに漆喰を薄く塗っただけで断熱材が無く容赦なく温度を奪う。

 ベッド。日本だと布団に入ると「ああ暖かい」と感じるのに、こちらではまず体温を奪われて震える。

....要するに、亜熱帯地域としての構造が暑さに対しては効率的な分、寒さに対しては極めて無防備であると言えましょう。さっぶ〜〜〜いです、マジで。背に腹は替えられませんのでウォルマートで中国でしか着られないようなダサダサセーターを買って今も着込んでいます(--;)。


 おまけ。しえらさんのブログ「KENZOと思ったらENZOだった」とあったので、ふと足下にある愛用の室内履きを見てみました。

050220-nikf

 「NIKE」じゃなくて「NIKF」。NIKEが草履メーカーだとは誰も思わないでしょうが....。それにしてもこの 「NIKF」、どう発音するのかピンインより理解不能です。この手の話題は 中国滞在の方は「ワイキキの角を曲がればABCストア」並に頻繁に経験している事と思います(^^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.02.09

新年快樂!

050209-newyear

 本日が春節(旧正月)です。あけましておめでとうございます。この画像は年賀状の物です。なぜ「春節快樂」となっているのかというと、今日の朝ポストに投函したからです(^-^;)。だいたい中国でも春節のカードはクリスマスと併せて去年のうちに出すもので、今頃年賀状を出すような人間はいません。ああ年末にiPodが届かなければ....って、自分が悪いんですが。

 「春節快樂」の漢字の右にある記号は台湾での北京語、いわゆる國語の教育で使われている「注音」です。俗に「ボポモフォ」とも言われる物で、台湾で北京語をパソコンに入力する時にも広く使われています。バックは香港〜深[土川]の地図をあしらってみました。香港と深[土川]の間のボーダーをあえて取っ払ってみましたが、こうしてみるとしっかり香港に近いんだなぁと実感します。通関さえなければなぁ....。真ん中下のランタオ島右の赤い部分はただ今工事中の香港ディズニーランドの位置です。今年の9月12日オープンの予定。私はアナハイムも東京もユーロもディズニーランドは未体験ですが(^-^;)。

 再来週あたりにはまた中国に出張の予定です。この地図で言うと左下の香港国際空港に降り立ち、香港に入境することなくトランジットでフェリー(緑色の線)に乗り込み、30分水上を走った後蛇口碼頭で中国に入国。ここから路線バスもしくはタクシー(オレンジ色の線)で30分、目的地に到着です。もっともフェリー30分、バス30分と言っても飛行機を降りて1時間で着く訳ではありません。いつも香港から往復のオープンチケットを使って復路の便を日本で予約するんですが、来週の週はほとんど満席でキャンセル待ち。大学が春休みに入るので学生さんがわんさと乗り込んでいるのでしょうか?席空くかなぁ....。

 さて中国に出張してしまうと亜州明星総覧の更新が出来ません....と言っていましたが、未だ5566を登録せずの状態で、これではいけませんね。という訳で思い切って亜州明星総覧のコンテンツをNIFTYに一本化して出張期間中も更新できるようにしようかと考えています。しばらくお待ち下さい。今年も亜州明星総覧をよろしくお願いします。


 例の恋台こと恋してる!!台流スター 台湾美男子完全ガイドですが、Amazonでは在庫切れの状態になってしまいました。何で????

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.02.03

ついに「あの本」が出たっ!

 本日、書店で恋してる!!台流スター 台湾美男子完全ガイドが販売されているのを確認しました。

tairyu-startext

 2月に入って何げに亜州明星総覧のアクセス数が増えているなぁと思っていましたが、この本の発売のおかげなんでしょうか?あちこちのブログで「売っていました」とか「買いました」とか書かれていましたので、会社を出た時に近所の書店で不本意ながら(^^;)「韓流」のコーナーを物色。う〜む、無い。その後クライアントを訪問して、仕事が終わった後にその近所の本屋さんに。こちらでも「韓流」のコーナーを物色。やっぱり無いか〜と思いましたが、棚にあまたある韓流本の片隅に2冊、ようやっと発見!さっそく覗いてみました。なるほどF4関連の記事が多いのは嬉しいですね。他にも王力宏とか。意外なのは張震嶽があった事で、「イケメン」と言うよりもこういう作詞作曲系で注目されているミュージシャンをチェックして下さるとは嬉しい限り。

 個人的に気になるホームページ情報のページを見てみました。なんとトップに亜州明星総覧の紹介が。......げっ!このブログまで画像付きで載ってるやんけ( ̄□ ̄)!亜州明星総覧 自体は単なる辞書みたいなもんですから、そんな中にあるブログは辞書にある、発刊の辞みたいな内容ですからアクセスする人もそんなに無いでしょう。紹介文みたいにおもしろ情報を載せている訳でもないんですが....(^.^;)。検索方法で顔写真が紹介されていたのは、なるほど「イケメン」でアクセスされる方にはよいのかも。実は顔写真検索は、メールで「こう言うのが欲しい!」と言うのが来たので作成した経緯があります。投稿で要請があったと言うだけあって意外と需要が多いのかも知れません。ホームページ情報には「台湾美男楽園・玉手箱」さんの紹介も....って、この本のオファーメールが来た時に「台湾美男楽園・玉手箱」さんを紹介したんですが、実はうちにオファーメールが来たのは「台湾美男楽園・玉手箱」さんから紹介されたからだった様で、ああ、広いようで実は繋がりが深い世界だったり(^-^;)。

 この恋してる!!台流スター 台湾美男子完全ガイド、本屋さんで見つからなくてもこちらで購入できますのでどうぞ(^-^)/。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (3) | TrackBack (3)

« 一月 2005 | Main | 三月 2005 »