« 九月 2004 | Main | 十一月 2004 »

2004.10.29

吉野屋オープン!

 去る10月27日に、ごく一部の深圳在住者の方々にまだかまだかと気をもませていました深圳吉野屋1号店がオープンしました!

吉野屋ニュースリリース

 場所は華強北路の電気屋街の北の方、順電から一つ東の通りだそうです。確か当初の計画では4月にオープンの筈だったんですが、本国の牛肉騒動もあってか、かなりずれ込みましたね。

041029-yoshinoya.jpg

....と、地図見たら「聖延苑酒店」のそばですな。ありゃ〜、開店日のおととい、市場調査で順電まで来ていたし、昨日は客先のオフィスのある聖延苑酒店に行ってきたばっかりだったので、知っていたら覗きに行ったのに。

 メニューは以下の通りです。香港と同じく、日本では見られなくなって久しい定番の牛丼もあります。

牛肉飯:牛丼(並)    12.5元(≒165円)
牛肉飯(大):牛丼(大盛)    16.5元(≒218円)
鶏肉飯:チキンテリヤキ丼    13.5元(≒178円)
Combo Bowl(Beef & Chicken)    20.5元(≒271円)
Miso Soup    6元(≒80円)
Shake Salad    7元(≒93円)

....と言う訳で、明日か明後日に帰国します。まだチケットがはっきりしていないんです(=゚ω゚)ノ。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.10.27

夏が終わる....

 北海道では雪が降ったというきたきつねさんのブログを読んで、そうかもう日本は寒いんだよなぁなどと考えてしまいました、が、実感が全然湧きません....。

 日本を出たのが8月の終わり頃で、その時は日本もまだまだ「暑さ」にどう対応するかと言う感じの季節でした。そのまま深[土川]に入ってしまい、今に至る...と言うほど単純ではなく、さすがに10月に入ってからはクーラーをつける時間は減ってきているものの、天気のいい時に外に出るとまだまだうっすらと汗をかく感じです。

 もともと緯度も沖縄より南という位置関係。うちの近所には深南大道という12車線はあろうかという(プラス緑地帯も同じ幅ぐらいある)ぶっとい道路が東西にまっすぐ延びていまして、そこを通るバスをしょっちゅう利用しています。6月頃にはあまりの暑さに絶えかねて乗車するや本能的に「北側」の座席に座ったのですが、北回帰線より赤道よりの地方であったがために太陽が北から照りつけるという事に、座って強い日差しを受けてから気が付きました(--;)。先日の尖東站開通の時も尖東界隈に新しく出来た地下道を通りましたが、ギンギンにクーラーを効かして下さっていてありがたかったです。

....などと言う日々も帰国でひとまずピリオドですので、私の夏は突然幕切れとなります。帰る段になって「寒さ」に対応できる服を全然持ってきていないことに気づきました。大丈夫かいな....(^^;)。


 おまけ。寮のバルコニーから見た朝の南山。

041023-tozan.jpg

 朝からスモッグで霞みまくっています。ここ3週間くらい全く雨が降ってない上に北風が内陸の乾燥&砂埃の空気を間断なく運んでくるため、どんどん埃っぽくなって来ました。おかげで喉が全快してくれなくてあの額の豊かなおじさんの飴に頼りっきりです。

 この山、去る23日には集団登山のイベントがあったらしいです。いやだ〜(--;)。昔フルマラソンとかしてた頃がありましたが、1万人がざっざっざっざっとアスファルトを蹴りつけると、それだけでも凄まじい埃が舞い上がり呼吸が結構つらくなったりしたのです。この深圳の空気で集団で地面を蹴りつけて登山となったらその埃たるや....。オレは絶対行かない(`^´)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.25

【祝】尖東站運用開始(^^)/

 土曜の夜はまたまたオフ会でした。東門のしゃぶしゃぶ屋に15人くらい日本人が集まり、松竹梅の燗酒で乾杯の嵐。2次会はSongさんの家に殴り込みと言うコースで、前回と同じく最後は記憶がないですが、これは飲み過ぎというより眠かっただけのようで、幸い二日酔いにはなりませんでした。寝て起きて朝6時頃にバスで華僑城に帰りました。で、寮でゆっくり朝風呂していたら、ふと香港に行きたくなり....。特に目的はないけれど、もう1週間もしたら帰国の予定なので、しばらく行けそうもないですから。

 と言う訳で、いつものようにバスで羅湖に。地下鉄工事のためにまたバスターミナルが移転していました。もう覚え切れません。通関してKCRに乗車。なんだか今日は信号待ちがやたら多いです。さて旺角に寄るか、紅[石勘]まで行って尖沙咀碼頭まで散歩するか....。と、列車内の駅案内を見ると「尖東」の文字が。ををいつの間にか尖東站まで通っていたんだ!

041024-map.jpg

 よし、そこまで行かせてもらいましょう。と思っていましたが、乗客は紅磡で全員降りちゃいました。あれれ?仕方がないので私も降りて、紅磡站で尖東站開通の情報を探しました。

〜〜〜10月24日、午後3時より〜〜〜

 お、なんと2時間後に開業ではないですか!これはいちびらない手はありません。もしかしたら芸能人がゲストの開業イベントとかもあるかも知れないですしね。紅磡からいつものように尖東界隈を散歩、街角の飯屋に入り湯麺で昼食。隣のテーブルには若い男女が3人、何やら物々しい機械を傍らに置いてダベっています。そして腕には「KCR PRESS」のシール。どうやら尖東站開通の取材に来て、時間つぶしか何かで来ている模様。

 もう2時半です。站の方で何かやっているかもと思い、行ってみました。

041024-machi-chijou.jpg

 まだ柵がしてあります。入れません。実はフレームの外では入場を待ちかまえる人が結構いたりします。地下入り口も見てみました。

041024-machi-chika.jpg

 こちらも柵。なんだかパチンコ屋の開店待ちの様です。などと言っているうちに2時45分、いよいよ柵が撤去され、駅に向かって待ちかまえていた老若男女がぞろぞろとエスカレーターに向かっていきます。先ほどの取材陣も含め、いくつかのテレビ局も待ちかまえていて、その様子を撮影しています。そう、芸能人の来訪も開業イベントも無い淡々とした開業なのですが、マスコミにとっては格好のイベントだったのです。地下の切符売り場に行くと、そこかしこに取材陣が。あちこちにライトを照らし、カメラを向け、マイクを差し出し(^^;)。

041024-interview.jpg

 これは通りすがりの人にインタビューしている様子。子供が無邪気にはしゃいでいたので、絵としてはなかなか面白そうです。こう言うのが至る所で繰り広げられていました。

041024-kaisatsu.jpg

 待ちかまえる報道陣。何が来るのか...と言うと、単に改札を通る人たちを撮っているだけです。ここで自分も通れば確実にテレビに出られたようですが、ちょっと恥ずかしいので躊躇しました(^-^;)。他にも、站までのムービングウォークを通る人とか、切符を買う人とか、インフォメーションで説明を聞いている人とか、いろいろ撮影していましたよ。

 時刻表を見ると、3時の羅湖行きが1番列車とのこと。

041024-jikoku.jpg

 ではホームに降りてみましょう。しかし他のお客さんも、やたらきょろきょろしながら歩いています。みんなお登りさんです。それにカメラの多いこと。とにかく報道陣自身が盛り上げているような雰囲気です。

041024-ana.jpg

 やはりいました。1番列車を横にアナウンサーが準備中です。

041024-ana2.jpg

 こちらもそうですね。何やらカメラ付き携帯で撮っている人もいたりして。

 せっかくですから、私も1番列車に乗ることにしました。何故か列車内も報道陣が一眼レフをぶら下げてあちこち移動し、なんか異常な雰囲気。

041024-children.jpg

 子供が可愛かったのか知りませんが、とにかく絵になりそうな素材は何でも撮っているって感じですね。この列車、1等車が満席でした。客層が普段と違い親子連れとかが多かったので、多分記念に乗っている人なんでしょうね。私もせっかくですから先頭車両に乗車。いよいよ出発となり、聞き慣れた「ププププププププププ」のシグナルでドアが閉まると、高校生ぐらいのガキんちょが10人以上「ウォー!」「イェー!」とか叫びながら拍手しまくっていました。列車は何事もなく発車。ちらっと地上に出たなと思ったらまた建物の中に入り、呆気なく紅磡駅に到着。またガキんちょが騒いでいます。

 時間にして2分ほど、大した距離ではないですが、羅湖からスター・フェリー乗り場までが随分近くなりました。地元の人にはあまり関係ないかも知れませんが、個人的にはとても嬉しいです。

041024-ferry.jpg

 いつものようにビクトリア湾を眺めました。もう帰国するので、この景色ともしばらくお別れです。次回は来年でしょう。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (4) | TrackBack (2)

2004.10.20

異常乾燥(´・ω・`)

 日本の方はまた台風と言うことですが、もう上陸したんでしょうか?先週後半からこちら深圳は異様に空気が乾燥してきて、人民による嘆唾の飛び交う風景がちらほら見られるようになってきました。それでもまあ、昼間はお茶飲みいの水飲みいので気にすることは無いのですが、寝る時に油断するとてきめんですね。夏の終わりからクーラーかけずに極力窓を開けて寝るようにしていたのですが、ここに来てそれが裏目に出て、喉を痛めてしまいました。

 この乾燥度合い、枕元にびしょびしょに濡らしたタオルを掛けていてもものの2〜3時間でぱきぱきに乾いてしまう凄まじさで、テレビで見てみると北の大陸内部からの風がどっと南向きに吹いているらしく、普段の埃っぽさもあってかなりダメージきついっす。こう言う時は喉をいたわるのが鉄則なのに、この前の日曜はカラオケでがなりまくっていたんだから、治るものもなかなか治らないです。

 実はこの北風、日本に来ている台風とあながち無関係ではありません。

0410202taiphoon.jpg

 日本に迫り来る23号、それに向かって左回りに風が吹くと、丁度深圳・香港のあたりは北風になってしまう訳です。それにしてもでかい台風だ。ついでに何故台風が左回りなのかここで解説しようとググってみましたが、頭の痛くなるような数式が山のように出てきましたので断念しました。とにかく、北半球では台風は左回りです。原理はここをクリックすると出てきます。

 ま、こういうガイアな話はさておき、とにかく痛めた喉を何とかしなければなりません。窓を開けて眠るのは止めにして、バスルームに水を張ってバスルームのドアを開け放ち、枕元に塗れタオルをかけてみました。いやずいぶんと楽です。それにしても咳が出るのは辛い。愛用のカリンエキスのど飴、結構持ってきていた筈ですが、一度こういう状態になるとあっという間に無くなってしまいます。今口に入れているのがこれ。

041020fish.jpg

 Made in Englandで、香港から輸入されているもののようです。セブンイレブンとかで売っています。ノンシュガーなので安心。ちょっと苦いですが、なかなかいけます。今回試してみたのですが、キャンディーじゃなくてガムを噛むというのも結構喉が渇かなくて良いですね。しかし勤務中にずっとくちゃくちゃしている訳にもいかないです(^^;)。

 予防のためにうがい用のイソジンは多めに持ってきているのですが、今回不覚にも龍角散を失念しておりました。イソジンは「あれ?」っと思った初期症状には効きますが、嘆が絡み始めたらやっかいです。やはり龍角散が欲しい....。深圳か香港で手に入らないかなぁ....。

 と言う訳で喉の痛みと格闘しております。どなたか中国で手に入る効果的な物をご存じでしたら、どうか教えて下さい....。


【以下2004.10.21】 ....と、昨日書きましたら、さっそくしおんさんからコメントをいただきました!と言う訳で、昨日薬局に行って買ってきた物を追加情報で紹介します。

 まずは「金嗓子喉片」。効果のほどなどはしおんさんのコメントを参照して下さい。いいですね〜、これ。

041021-golden.jpg

....誰ですか?この額の豊かなオッサンは(^。^;)?

 あと、喉が痛いのでと言ったら、痛み止めらしきものも紹介されました。

041021-koori.jpg

 トローチかと思いましたが、穴の空いた形ではなく、普通の丸薬でした。味は粉っぽいトローチといった所でしょうか。しかしこれ、舐めてると舌や口の中が痺れてくるんですけどぉ(--;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (10) | TrackBack (2)

2004.10.18

オフ会終了!

 皆様、お疲れ様です。今回は総勢14名ものオフ会となりました。参加者も某メーリングリスト関係、ブログ関係など様々で、初対面の方も多く、とても楽しく過ごせました。

 今回、女性の方がかなり参加して下さいました。驚いたんですが、語学留学で中国に来て、その後中国へ単身乗り込み、現地採用で孤軍奮闘している女性が随分いらっしゃるんですね。私も去年の前半あたりは東莞の長安鎮の工場地帯で日本人一人という状況で働いていましたが、日本語を話す機会もないし、生活の細かなところでいろいろ発生するトラブルに対応するのにとても疲れ、かなりストレスが溜まった経験があります。私の場合、中国語がほとんど出来ないから余計あれなのかも知れませんが、それにしても男性はまだしも女性にとってはこの環境は楽ではないだろうなと想像されます。

 去年の夏から深圳に移り、徐々に日本人のネットワークも出来てきた今は、随分過ごしやすくなりました。やはり存分に日本語を話す機会があるとストレス発散になります。皆さんに来ていただけて、助かりました。

 さて昨日は、お昼に粤海のロビーに集合した後はいつもの日本料理店「梅田」での宴会となりました。う〜ん、日の高い時に飲むビールはうまい!食べ放題と言うことで日本食もばしばし頼みまくり.....最後には食べ残しでペナルティを取られそうになったので、あわててノルマとして、みんなそれぞれ食べまくり....これはちと大変でした。

 3時半頃に梅田をはけ、大半の方がそのまま健全カラオケ「酷比龍」に。今回も飲んで歌って踊りました(^^;)。今回は日本語の歌も結構歌いましたね。いや〜、発散発散。8時頃にはお開き....だったんですが、私含め若干名がsongさんのおうちに乱入し、白酒を開け、その後何故かウチの総経理(台湾人)が乱入し、NHKのワールドプレミアムで「新撰組!」を観賞し、総経理に「うちの寮にもNHKいれてよ〜」とわがままを言ったり....すみません、だんだん記憶が危ういです。その後は総経理と共にタクシーで華僑城に帰り着きました。

 本当に楽しかったです。みなさん、これに懲りずにまたご参集下さい。

 存分に日本語を喋った翌朝、日が昇って、街の喧噪が聞こえてきました。寝ても醒めても、ここは中国です。う〜ん、そろそろ日本に帰りたい....。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.11

17日(星期日)羅湖に集合です♪

 さて「オフ会」です。それにしてもこの「オフ会」と言うのも、パソコン通信の経験者でないとわかりにくい言葉ですね。普段フォーラムやチャットで出会っている状態が「オンライン・ミーティング」なのに対し、実際に面を合わせるのが「オフライン・ミーティング」なのですから、フォーラムやチャットで出会ったこともない方に「オフ会」は違うよなぁ。

 と言う訳で、フォーラムやチャットでもお会いしたことがないけれど、ブログでご近所さんらしい数名の方にご連絡代わりにトラックバックを貼り付けました。ちょっと反則技になりましょうか(^-^;)。メールアドレスの分からない方も多いので......なにとぞ寛容に見てやって下さい。今回、初対面の方をどんどんお呼びしておりますので、怖がらずに(?)是非ご参加下さい>皆様。

 集合場所ですが、先のオフ会案内でyuhaiホテルと書きましたが、正しくはYuehai=粤海でした。
 粤海酒店(Guangdong Hotel Shenzhen)

041011yuehai.jpg

 こちらで10月17日(星期日)12時15分に集合です。集まったら日本料理店に移動。お酒も回ったところで健全カラオケで歌って踊る....んでしょうか(^-^;)?皆様のお越しをお待ちしておりますm(_ _)m。

 なお、詳細はsongさんの掲示板をご覧下さい。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.10

オフ会ですっ(`^´)!

 さてさて、10月4日までの地獄のような日々をようやく切り抜け、翌5日から8日まで、しっかり休暇を取らせて頂きました。ウチの会社は1日から6日までが休暇だったので本当は7日と8日は出勤日だったのですが、1日から4日まで出勤したので代休です。聞いた話では1日〜3日は中国人が働いているのが公安に見つかったら会社が高額の罰金を払う羽目になるところだったとか。まあこの国の場合「高額な罰金」と言う脅しがあると言うことは、みんな守っていない事の証左にもなるのですが。と言う訳で、休暇中は連れ合いを日本から呼び、香港は銅鑼灣の定宿に根城を構えて皮蛋痩肉粥と點心飲茶の日々でした。喧噪の深[土川]と違って香港はリラックスして街を散歩できるので、本当に楽ちんでいいですね(*^^*)。

 休暇も終わり、帰国組もぼちぼちこちらに戻ってきていらっしゃいますが、ちまたでは9日から17日までの8日間連続出勤日にするところが多いのだとかで、皆さん頑張っています。ウチは7日と8日が出勤の替わりに本日はしっかり休暇です、すんまそん。で、songさんからさっそくオフ会開催のお知らせが入ってきましたよ!

 開催日 :10月17日(日)
 集合  :12時15分頃・深圳・羅湖yuhaiホテルのロビー
 開催場所:日本料理・竹苑

 地図見ても「yuhaiホテル」の場所がよく分かりませんので、詳細が分かればまたお知らせします。位置的には羅湖から北上して深南東路を東に歩けば到達します。羅湖から徒歩20分くらいでしょうか。参加します!と言う方には私の携帯電話の番号をご連絡します。竹苑では150RMBですき焼き、しゃぶしゃぶ食べ放題らしいです。食事の後は....多分、女性も安心安全・健全カラオケのCoobie Dragonに行くのかな?ここは余計なお金がかからないので安くていいです。深圳市内や、香港〜広州にご滞在中の皆様、時間が許す様でしたらご家族ご友人もともども是非お越し下さい!目印はブログに掲載した私の顔です。8ヶ月前の写真なのでそんなに変わっていないと思います。詳しくはsongさんのところの掲示板をご覧下さい。また、ご参考までに前回のオフ会のレポートもご覧下さい。

 オフ会絡みですが、深圳近辺で日本人の集まる飲み会、かなり大がかりなものがあることを最近知りました。
華南地区日本人青年会
 8月末には60人あまりの日本人が一堂に会してビールで乾杯したらしいです。すごいすごい。ちょっと覗いてみたい気もしますが、青年会というだけあって30歳前後の方々が中心だそうで。う〜ん、30代を過去形で語らねばならぬおぢさんには敷居が高い(^^;)。日本人サッカークラブもあるらしく、ここは体育会系ノリなんでしょうか。ちなみに幹事の方の一人は深圳の蛇口でお店をしているそうで、そこのホームページはこちらです。
Dream Again
 お近くにお住まいで、お金とご興味のある方は一度行ってみて下さい。レポートをお待ちしております。日本人青年が「碧いうさぎ」を熱唱しているところを目にするのは何故かとても恥ずかしいので私は行かないと思いますので(^^;)。音痴でも発音が怪しくても、やっぱ歌うなら日本POPSより中華POPSだぜ!

 深圳には日本人に限らず様々な外国人が滞在していますが、そう言う方の集まるものもあるそうで。
Shenzhen Party
 こちらも体験者の方のお話しをお聞きしたいです。

 と言う訳で、来週の日曜日にお会いしましょう!


 おまけ。マツユマロ入リチヨユパイ。

041008pie.jpg

 香港のスーパーで見かけました。ここまで来ると「ネタ」じゃないかと思ってしまいますが....。「ネタ」につられてまんまと買わされてしまった私でございます。案外、こういう「ネタ」が日本人の購買増加に貢献しているのかも知れません。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2004.10.02

人が仕事をしてるのに

 ここ1週間、早朝出勤〜深夜残業の連続でボロボロです。9月後半になってから、日本のクライアントが上半期決算がとかいろいろ言ってましたので、もしかしたら急がなくてもいいはずの仕事まで期末に締めようとしているのでしょうか。理由は何であれこの歳で連日睡眠時間3時間はきつい。昨日はもうろうとしてきて、とても調査報告を考えられる頭ではありませんでした。

 先週あたりは日本は祭日が2日もあってポロポロ休めたみたいですが、こちら中国にいる以上、こちらのカレンダーで働かなくてはいけません。中国にはそういうポロポロの休日というのはなくて、「春節(旧正月)」「労働節(メーデー)」「国慶節(建国記念日)」と年に3度の連休があるだけです。そう言う訳で普段は日曜以外はばしばし働くことになります。土曜は原則半ドンなのですが、仕事が立て込むことが多いのでやっぱり1日出ています。

 この週は本当にきつかったです。いや過去形じゃなくて現在進行形できついんですが、28日の朝は5時起きですぐに出勤。起きて18階の窓から西の空を見ると、まるで夕日のごとく沈みつつある赤々とした満月が目に入りました。あ〜そうか中秋節なんですね、今日は。どのみち忙しいから関係ないやと思ってひたすらパソコンとにらめっこしていたのですが、午後から事務所の従業員が外出しては袋いっぱいに買い物してきたり、2階に上がってばたばたといろいろ忙しくやっているので何かと思いきや「[火考]肉(カオロウ)」、つまり焼き肉をするのだとか。なんでそんなことをするんだと聞くと、中秋節だからだそうで、でも月見と焼き肉にどういう関係があるのかさっぱり分かりません。第一満月がこんな時間に拝める訳ないじゃん。などと思っているうちに、事務所の2階のベランダでちまちまと焼き肉を開始しだしました。

040928kaorou.jpg

....見てるとなんかしょぼいですが、味付けはさすが台湾人、なのかどうか知りませんが、なかなかのもの。日の高いうちから青島ビールをキューッと....しまった、寝不足なので睡魔ーがバサロで一気に襲ってきました。何故か中華ポップスをがんがん流しながらわいわいと食べるのです。眠気もなんとか持ちこたえて、この日も深夜まで。

 翌日、また仕事が入ってきました。日本のクライアントからで、納期は10月4日の月曜日。をいをい、こっちは明日から連休に入るんですけど....しかもどう見ても週末にやらないと出来ないスケジュールなんですけど....。

 かつて大手メーカーにいた時は私もよく、金曜に発注して月曜に持ってきて下さいとか平気で押しつけていました。この頃は「あ〜外注さんって便利だな〜」などとしか考えていなかったんですが、気が付いたら今の私がもろにその「外注さん」になっている訳で。ああ因果応報。とにかく事務所は休暇に入り、中国人従業員も全員休暇で列車で一昼夜かかる田舎に帰ったりするので、アシストもなしの状態になってしまいました。

 世間様が休暇気分で道ばたをわいわい歩く中、ひとり仕事のために事務所に向かう私。日本の祝日は中国事務所で働いている以上休める訳もなく、かといって中国の休日日程なんか日方(にちがた)は知ったことではない訳で、結局ぜんぜん休みが取れないのです。

041001kanrakudani.jpg

 国慶節。事務所の裏の遊園地「歓楽谷」は、どこからわいて出たのか人民がわらわらわらわら....。この近所は他に「世界之窗」とか「民俗文化村」とか「リトルチャイナ」とかの娯楽施設がひしめいていて、こう言う時は音楽が外でぶんちゃかやってたり、日が暮れると花火がどどんと上がったりして、にぎやかなことこの上もありません。いいですねぇ、休める人は。お願いだからもう少しボリュームを下げておくれ。人が仕事をしてるのに。


 おまけ。いわゆる香港のよくある怪しい看板。

040926massage.jpg

 「ジ」を「ヅ」に間違えるのは分からないでもないが、「三」に点々はないだろう....。尖東にあるので見たことのある人も多いかと思います。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« 九月 2004 | Main | 十一月 2004 »