« 七月 2004 | Main | 九月 2004 »

2004.08.27

8月31日から中国です

 仕事&更新作業が立て込んでしまい、コメントにきっちり返答できず大変申し訳なく思っております。折を見て書き込みますので、今しばらくお待ち下さい(^^;)。たまっている投稿に対応するのが手一杯で、結局、5566を始め、ほとんど新規明星登録に手を付けられませんでした。うむむ。土日も出張準備でてんてこ舞いです。

 さてタイトルの通り、8月31日の火曜日に香港行きの飛行機に乗り込み、空港からトランジットフェリーで深[土川]の蛇口碼頭に向かいます。私の場合中国滞在は2ヶ月単位なので、今回は10月1日からの国慶節ゴールデンウイークにかかってしまいます。この連休期間に日本に帰られる方もいらっしゃるので、久々に日本でオフ会を....と思っていたのですが、ちょっと残念。

 しか〜し、折しも超大型台風が日本に接近中....。無事飛べるのかしら.....。

 と言う訳なので、香港&広東省にお住まいの皆様、よろしくお願いします〜。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.15

魔術代

 ようやく更新の勘を取り戻し、ぼちぼちとですが亜州明星総覧をアップデートしています。お墓参りもすませたし、若干一段落してきたのでレビューらしき物をひとつ。

makiyo-1st.jpg
 川島茉樹代であります。父親が日本人で母親が台湾人。国籍は日本だそうな。小室哲哉がまだ気を吐いていた頃、台湾でオーディションを開催したそうで、彼女は友人がオーディションを受けるのに付き添っていて自分がスカウトされたという話。1999年、若干15歳で芸能界デビュー。Panasonicの携帯電話のCMで「日本人の女の子」を演じ、折からの台湾での哈日ブームに乗って大ブレイク。翌年にはファーストアルバム「Makiyo」を発売。北京語はデビューが決まった頃から特訓したそうな(私よりは遙かに上手い)。
tv-3.jpg
 印象が強いのが「TV三賤客」などのテレビのバラエティーなどの司会で(台湾では外国人が司会をしてはいけないそうで、建前上はゲスト扱いですが)、日本人っぽい、ちょっとでれっとした北京語で交わす会話などが独特のキャラクターを生んでいて、人気も高かったようです。写真は左から小猪こと羅志祥(ショウ・ルオ)、MAKIYOこと川島茉樹代、黒人こと陳建州(ブラッキー・チェン)。元気に司会している姿が生き生きとしていて、見ていてもとても楽しそうでした。
tv-3-shikai.jpg
 彼女の売りはなんと言っても日本人らしさ、それも日本の芸能人ではなく、東京の繁華街のどこにでもいてそうな普通の日本人の女の子だったと思う。数年前に日本語をしゃべっているのを見たことがありますが、ちょっと前までよく言われていた「コギャル」の様な話し方で、はっきり言うと(ファンの方すんません)「ちょっと頭が足りないのでは?」と言う感じ。それだけに去年の「日本でデビューします」宣言にはとても驚いた。「普通の日本人の女の子らしさ」を体現し続けてきた彼女が、日本で何を売りにするのか。はっきり言って、歌が特別うまいわけではない。声質もややしわがれ声気味で、日本語の歌を歌うのにはあまり向いていなさそうだし。なによりあのコギャル風のオーラは隠しようがない。

....などと思っているうちに、人気番組の司会も降板し、昨年の秋に本当に日本に来てしまった。スタッフがいろいろ手配したのだと思うが、雑誌などの表紙をいくつか飾っていた。そしてフジテレビ「笑っていいとも」にゲスト出演。私は見てないのだけども、どうやら悪い予感が的中し、私と同じような印象を持った人が多かったらしい。

makiyo-garden.jpg

 その後はTBSの昼メロ「桜咲くまで」の主題歌の作詞と唄、今年2月には日本でのファーストアルバム発売と、それなりの活動はしたものの....皆さん、印象ありますか?私は日本にいない時期が多かったのでよくはわからないのですが、インターネットで探ってみた感触では、日本であまり上手くいったとは思えない。上の「garden」の写真を見ると、どう売り込もうとしていたのかいまいち不明確。そう言うこともあってか、いつの間にやら台湾に戻ってしまい、レコード会社も今までの福茂唱片からEMIに移籍し、先月発売されたのがこのアルバム。
magicage.jpg

 「茉樹代(mo4shu4 dai4)」と四声違いの発音「魔術代(mo2 shu4 dai4)」を当てています。アルバムのコンセプトでは「MAKI」と「YO」と言う女性2人組のデュオと言うことになっていて、歌も声を重ねてデュエットになっています。多少企画物っぽい気がしますが、なるほど「魔術」で来ましたか。これは上手いと思いました。今までの「日本人」という「ヨソ者」感覚を「魔女(?)」と言う「ヨソ者」に転化させて年齢不詳になっています。曲調もなにやらピコピコとノリが良く、どことなく子供向けの雰囲気....と、イメージがだぶったのが范曉萱。アルバム「小魔女的魔法書」のビデオクリップではまさに魔女の格好でアニメソングを歌いまくっていた姿。
mavis-majo.jpg

....調べてみると范曉萱のこのアルバムって、日本進出前に川島茉樹代が所属していた福茂唱片から出ていたのでした。さらに今回のアルバム「魔術代」 にも一曲范曉萱が噛んでます。これは何かプロデューサー関係で繋がりがありそうな(^^;)。関係ないですが范曉萱「アバウト・ラブ」 で久々に銀幕に登場とのことです。

 余談ですがその川島茉樹代、先日20歳になったそうで、日記でこんな事を書いていました。
「あんまり実感がないんだけど、唯一嬉しいのが、日本でも堂々とお酒を飲めることかな(笑)。台湾は18歳からOKだったから、日本では辛い思いをしました。酔いつぶれない程度にお酒を楽しむとしよう☆」

....君はアルコール依存症ですか(^^;)。
 ともかくおじさんは応援している。加油、魔術代

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.08.09

リサイクルの話

 メールソフトの設定が終わった後何しているかというと、今度はアドレスの変更作業に入っています。今までのアドレス「asiastar@24i.net」は送信サーバーのサービスがなく、中国入りしたら送信できなくて(日本以外では接続サービスだけでメールサーバーのサービスが無いのは普通らしいです)、かなり不便だったのです。それでも無料だったからと使っていたのですが、去年から有料化されてしまい、何か乗り換えるアドレスはないかと思っていたところ、NIFTYの基本サービスにある任意アドレスが変更可能になっているのを発見!さっそくasiastar@nifty.comを登録しました。これで中国からもばっちり送受信できます。現在、2500ページほどに記入しているメール欄のアドレス変更作業中です。あと4〜5日くらいはかかるかな(^^;)。

 さて、以前「グレートウオール」のところで、工事用の遮蔽物に鉄板ではなく再生不可能なブロックが使われている話を書いたところ、亜珠さんから鉄板ではないのは「勝手に夜中に持ってかれて、転売されないようにする為ではないか」とのコメントを受けました。さもありなん(^^;)。鍵をしていないとマンホールが盗まれたり、辺境で鉄道の敷設工事をしていると、いつの間にか線路が盗まれたりするお国柄ですから、うっかり可動式の鉄板遮蔽物なんか置いておいたら、たちまち持って行かれそうです。いいのか、それで?もっとも、こういうのは都市在住の中国人に言わせると犯人は「地方の農村から出てきた貧乏で無教養な人間の仕業」だそうで、彼らもそう言うのにはかなり迷惑しているのだとか。

....と、他人事に思っていて帰国したんですが、最近日本でのこんな話を聞きました。



重さ240キロ、売っても数百円…なぜ盗難続発?

 兵庫県尼崎市など阪神地区で、道路の側溝にかぶせる鉄製のふたが盗まれる事件が続発、住民から「歩行者が落ちる恐れがある」などと苦情を受けた自治体は、ふたを溶接でつなぎ合わせるなどの対応に追われている。....



....阪神地区って、うちから電車で30分もかからないところではないの。

 こういうのって、普通「盗んでも採算がとれない」事を前提にして設置していると思うんですが、実際記事中の価格から計算すると側溝の蓋1枚が20キロ、キロあたりのスクラップ単価が25円ですから、1枚500円。2トントラックに満載すれば100枚で5万円になることはなりますが、そんなに一度に盗める物でもなし、どう考えても労力に見合いそうにありません。警察の「早く犯人を捕まえて理由を聞きたい」と言うのもわかるなぁ(^^;)。

 この記事で出てきたのが、中国企業が鉄のスクラップを日本で大量に買い付け始め、リサイクル価格が急騰しているという話。6〜7年前頃から、日本での古新聞古雑誌などの古紙のリサイクル価格が上昇し、その原因が中国での段ボール需要の急増だというのをちょくちょく耳にしていたのですが....。これはリサイクルではないですが、うちの会社でも日本でステンレスのプレスをお願いしていたところ、中国からの買い付けが激しくて、夏にはステンレスが枯渇するかもと言う話を今年の春頃聞きました。

 関連して先日はNHKでも中国企業による日本のリサイクル用品の買い付けを特集していました。このときに例に出ていたのはペットボトルで、自治体が回収しているのを丸ごと高値で買い付けるのだそうです。ペットボトルは再生すると合成繊維になりますから、布地や網などに再利用すれば、多少高値でも十分儲かるのだとか。わりを食ったのが環境問題に貢献しようと国内でペットボトルの再生事業を始めるべく大規模なプラントを建設した業者さんで、自治体から無料でもらえる筈だったペットボトルが入手できなくなり、稼働しないプラントの建設費用が回収できず息も絶え絶えと言う話。自治体にすれば収入がある方がいいんだろうけど、まじめに取り組んでプラントを作った方が報われないのはなんとも悲しいです。

 テレビではこのほかに、パソコン部品のリサイクルもやっていました。この場合は香港経由などの密輸だそうで、本来パソコン部品は環境破壊防止のために、日本では業者が回収して処分することになっていますが、やはりお金になるのか、かなりの台数が中国に流れているのだとか。中国ではパソコンを再度組み立てるというのではなくて、基板にくっついた端子などのレアメタルが目的なのだそうです。それを採取する現場をやっていましたが、若い女性達が工場の軒先かどっかで粗末な椅子に座りながらペンチで挟んだ基板を火であぶってハンダを溶かし、部品を外しているのです。ご存じのようにハンダは鉛が相当な割合で入っていますから、火であぶれば有毒である気化した鉛が拡散し、かなり環境的にまずいです。若い女性達の背後には扇風機が回っていて、とりあえず建物の外に拡散するのでしょうが、その先は結局回り回って近所の河川などが汚染されてしまい、あちこちで問題になっているのだとか。やっぱり中国の生水は怖いです。

 香港とのボーダー沿いの羅湖商貿城あたりで缶ビールなんかを飲んでいると、必ずどこからかの視線を感じます。おばさんがいっぱい空き缶を詰めた袋を片手に、私が飲み終わるのを待っているのです。1人ならいいのですが、2〜3人に見つめられると誰に渡そうかと余計な心配事までしてしまうのです。空き缶のリサイクルは、田舎から出てきた人にはかなりの収入になるのだとか。

 中国ではゴミの分別回収というのはほとんど発達していません。こんなに地球に厳しくしてもいいのか、いやいやあまり地球を甘やかしてもいかん、などと最初のうちは葛藤していたのですが缶も瓶もペットボトルも生ゴミも気楽にばしばし捨ててしまえる生活に慣れると、これは楽だ〜などと堕落していきます。しかしリサイクルは儲かるはず。となると、気楽に捨てているゴミも、どこかで誰かが「金儲け」のために分別しているのは想像に難くありません。そして「地方の農村から出てきた貧乏で無教養な他人」を儲けさせるために、わざわざあらかじめゴミを分別しておいてやろうなどと言う都市住民も居なさそうです。

 リサイクルもところ変われば....ですが、日本をも巻き込んだこの事態。どうなっていくのかとても興味があります。


 おまけ。新鮮やさい。
freshvegetables.jpg
 中国の寮に居たときの写真です。スーパーで売られている野菜を巻いているテープを引っぺがして机に貼り付けました。なにげに野菜を買っていて、いつも目につくのがこの「新鮮やさい」の日本語です。なんで日本語?

 いくらコピー全盛の中国といえども、ここまでわざわざコピーするわけはありません。一番ありそうなのが、日本から注文を受けて輸出しているテープ製造工場が中国国内に横流ししているか、製造ラインを増やしてコストダウンを計りつつ中国国内にも販路を拡大しているというところでしょうか。発注した日本の業者がこのことを知っているかどうかは....神のみぞ知る(^^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.08.04

移植ほぼ完了〜掲示板の紹介

....2週間も空いてしまいました。ご想像に堅くなく、移植作業&仕事でとてもブログまで行き着く余裕はありませんでした。帰国後の仕事はパソコンに繋ぐとあるマシンの操作画面のデザインで、グラフィック作業のためにプライベートのiBookを使用。結局、明けても暮れても同じマシンとにらめっこで、右手でマウスをカチカチカチカチ....。とうとう右肩が悲鳴をあげ、おびただしく永久磁石を貼り付ける羽目になりました。歳だなぁ。

 Classicの中国語環境は、OS9.2.1のディスクから一か八かの新規インストールで無理矢理放り込み、何とか使えるようになりました。ATOKはというと、Photoshopはおろか、Classicそのものに対応していないという悲惨な現実にぶつかり、泣く泣くClassicではことえりに乗り換える事に。つらいなぁ。まあATOKさえあきらめれば、従来通りJedit1.08でのホームページ作業はできるわけで、何とか今はこれでやっています。仕事も一段落したし、なんとか復帰できました。

 予想外に時間がかかったのがメールソフトの切り替えです。今まで3種類を使い分けていたメールソフトを、この際Macの「Mail」に一本化。これがまた、従来のメールを取り込んだところ、ぜ〜んぶ「未読」のマークが付いてしまうのでした(--;)。仕方がないので2万通近いメールをひとつひとつ、右手でマウスをカチカチカチカチ....。あ〜また肩がこる(T^T)。結局これが一番時間を食いました。

 何でそんなにメールが多いかというと、掲示板の過去ログをメールとして残しているからです。知っている人はあまりいないかも知れませんが、亜州明星総覧では400近くの明星の掲示板を開設しています。
http://homepage3.nifty.com/asiastar/mb-s.html

 明星のプロフィールを登録したときに日本語の掲示板がない場合、自前で作っちゃえばいいやと思って開設したのが始まりで、本当はどなたかが日本語の掲示板を開設したら閉鎖しようと思っていたのですが、やはり常連さんとかが書き込んでいる場合そうも行かず、そのままという場合が多いです。書き込みはすべてメールで受け取っていますが、これは出会い系サイトなどの迷惑な書き込みが有った場合に削除するのが主な目的で、私自身が書き込んだり返事したりすることはまずありません。

 ま、ほとんどが書き込みもないままなのですが、ごく一部ではかなり盛り上がっています。ここでお仲間を見つけてミニオフ会が開催されたり、ついにはHPを開設に至ったりと、なかなかうれしい事もあるようです。せっかくですから盛り上がっているところをご紹介します。

譚耀文(パトリック・タム)掲示板
 今はちょっと落ち着いていますが、前々から異様に盛り上がりまくっている掲示板です。なぜに人気の譚耀文!?

呂頌賢(ジャッキー・ルイ)掲示板
 すっごく盛況でした....が、今は書き込みされていた方が、ここをきっかけにしてHPを開設。皆さんそちらに移られたようです。お役に立ててとてもうれしかったです。

倉田保昭掲示板
 ブルース・リーにヌンチャクを伝授したと言う、あの倉田保昭さんの掲示板です。倉田保昭さんの掲示板は他にないらしく、中華関連以外のファンも集まる場となっています。

陳百強(ダニー・チャン)掲示板
 ずいぶん以前に亡くなった 陳百強。ファンだった人、亡くなってからファンになった人。様々です。

余文樂(ショーン・ユ)掲示板
 なんだかこれから盛り上がりそうな予感.....。

左孝虎(ツオ・シャオフー)掲示板
 「カンフー・キッド」の左孝虎の掲示板です。根強い人気があります。

顔正國(ヤン・チャンクオ)掲示板
 こちらも「カンフー・キッド」の顔正國の掲示板です。やはり根強い人気があります....が、ご本人は犯罪を犯して服役中とか(^^;)。

林正英(ラム・チェンイン)掲示板
 霊幻道士の林正英の掲示板。ネットを始めて、林正英がすでに故人であることを知ってショックを受けた方も多かった様です。

梅艶芳(アニタ・ムイ)掲示板
 生前から盛況な掲示板です。癌の発表から他界までリアルタイムで書き込まれていました。他界の時は私もつらかったです。今もなかなか活発です。

千葉美加掲示板
 千葉美加....覚えていますか?「電脳警察サイバーコップ」とか(^^;)。1988年デビューのアイドルです。

chibamika.jpg

 日本でデビューした後、台湾でも活躍していましたが.....。去年の暮れには「超星人グランセイザー」で、謎の女科学者(実は宇宙人)・佐伯カリンという役で出ていました。上の写真は1989年のファーストアルバムのものですので、グランセイザーを見てもわからないかも....。実は、ここの掲示板では、なんと、千葉美加さんご本人と思われる方の近況報告が時折書き込まれています!嬉しい(T^T)。

 皆さん書き込みありがとうございます。これを励みに亜州明星総覧の更新も引き続き頑張ります。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« 七月 2004 | Main | 九月 2004 »