« 歓楽谷續集之熱閙江湖 | Main | 当局によるアクセス規制の話 »

2004.03.29

張 韶涵(アンジェラ・チャン)

 こんなところで明星レビュー書くくらいなら亜州明星総覧の更新を先にやれよ〜と言うお叱りの声が聞こえてきそうですが、プロフィールにも書きましたように、中国滞在中は国外とのインターネットの接続部分で規制がかかっていて思うように更新が出来ないのです。この話は折を見てまた書くことにします。

 昨日はまたまた香港を徘徊していました。はい、性懲りもなく信和中心です(^^;)。ふらりとレコード屋を見回して爆貧しました。

angelachang.jpg

 済みませんジャケ買いですm(_ _)m。この写真はジャケットではありません。カバーの写真は眉毛が隠れていて鈴木杏みたいな感じです。

 張 韶涵「Over The Rainbow」

 CDに12曲、VCDで5曲とは今頃珍しくサービス旺盛ですね。発売元は....福茂唱片....ちょっとマイナーなレーベル、と言うと失礼かも知れませんが(^^;)、滾石唱片環球唱片に比べると規模的にはアレです。台湾の会社で、看板明星は蘇 永康とかMAKIYOとか。ナイナイの岡村主演「モウマンタイ」(2じゃなくて最初のね)でヒロインを演じていたジェシカ・ソンもここの所属です。この子、アルバム一枚出しただけで2002年暮れに結婚しちゃいました(T^T)。

 試しにVCDの方を見てみて、あっと思ってしまいました。去年の12月から今年の1月まで日本にいて、仕事中はネットラジオで台湾のKISS RADIOをかけっぱなしにしているのですが、VCDの5曲どれもこれもが、1月にKISS RADIOでガンガンかかっていたものだったのです!聞いていたときは、すごく上手いけど容 祖兒とは声質が違うし誰だろう?と気になっていたのですよ。なんとラッキーな。

 フェイスも何か見覚えがあるなと思って調べたら、許 紹洋主演の台湾のTVドラマ「海豚灣戀人」にでていた女優であることが判明!このドラマ、2月後半からこちら深[土川]でも放映されていたので見ていたのです。いやまさかこのドラマの子とあのネットラジオの歌の主とが同一人物とは全く思いも寄りませんでした(^^;)。

 曲もなかなか良く作り込まれていて「吶喊」なんぞではサビの「ホー・ハイヤーン」と歌うところは原住民族アミスのテイストまであったりして、聞き応え充分です。そう言えば顔つきもちょっと特徴あるのでアミス系かと思って調べてみました。

yesasia.comより



 台湾の人気タレント、張韶涵(アンジェラ・チャン)が満を持してのアルバムデビュー。ドラマ「MVP情人」や「海豚湾戀人」などに出演、今や台湾のアイドルドラマには欠かせない存在となった彼女は、2003年夏の芸能界デビュー以来、もっぱらテレビで活躍してきたが、本来は歌手志望だったのだとか。新疆ウイグル族の血を引くアンジェラ、小柄で華奢な外見とは裏腹になかなかパンチのある歌声を聴かせてくれる。


....と言う事で、アミスじゃなくてウイグルでした。なんで台湾にウイグルなんでしょうか(^^;)?

 この子、歌姫に化けますよ、きっと。そんな予感がします。余談ですがアルバム収録曲の一つ「雨後」は、くだんのジェシカ・ソンが作曲を担当していました。結婚しても完全に引退したわけではなかったんですね。

 と言う訳で、亜州明星総覧の更新も気になるところですので、今週末に帰国いたします。まず張 韶涵を追加せねば....(^^;)。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

|

« 歓楽谷續集之熱閙江湖 | Main | 当局によるアクセス規制の話 »

Comments

実は私はウイグル族にはちょっとうるさいのです。なぜかというと、私自身が、よくウイグル族に間違えられるからです。自分でもすごいと思うのは、ウルムチのモスクでウイグル人からウイグル語で話しかけられたことです。あんなところ、観光客が来るわけがないし、彼が私にウイグル語で話しかけたと言うことは、きっと私をウイグル人だと思ったに違いない!!……ということで、ウイグル人が間違えるくらい、私はウイグル族っぽいようなので、結構うるさいのですが、この明星の顔写真を見た感じではウイグル族の雰囲気はいっさいありません。ウイグル人の血を引いているにしても1/4以下と見ました。

以上、ニセウイグル族鑑定家の意見でした。

Posted by: 河村 豊 | 2004.03.29 at 11:22 下午

 私もこのフェイスがウイグル....と言うのかなり意外です。どこかと問われれば、四川省が一番近いような....(^^;)

Posted by: 岸上 孝 | 2004.03.30 at 12:14 上午

この夏、5泊6日で漢字圏店舗視察を企画決行。
上海→広州→香港→高雄→台北。
日本のお盆に当たる中旬の上海は、もう、温熱湿潤地獄。4泊目の高雄で乗ったタクシーの運ちゃんが、車内のVCDをかけながら叫ぶように歌ってたのが、張 韶涵の「吶喊」。その時は名前だけメモらせもらって、高雄のカルフール(視察先)で、仕事もそっちのけで捜しまくったのだけど、それらしきCDはなく。あきらめかけた頃に見つかったのがチャイナポップスのLOVE オムニバス。帰ってネットでクィックチャイナを見つけ、速攻でCD2枚とDVD1枚を注文。1000円をけちって船便で頼んでしまい、待つこと一月。やっと手に入ったAnjelaの3枚は、もはやお宝です。毎日すり切れるほど聞いてます。
Jazzそっちのけで、しばらくChina Popsにはまりそうです。しかしなぁ、この喜びを周りに伝搬させたいのだけど、なかなか。
張 韶涵の「吶喊」は、股間にしびれ過ぎます。奥底のDNAが疼きます。

Posted by: osatou | 2005.10.10 at 09:25 下午

 osatouさん、初めまして(^-^)/。
 「吶喊」のかけ声「ホー・ハイヤン」は、台湾の高山族「AMIS」ではポピュラーなものなのだそうで。
 もしご興味がおありでしたらディファンとかサミンガもお勧めですよ。ディファンはエニグマ関連で、もしかしたらご存じかも。

Posted by: 岸上 孝 | 2005.10.16 at 04:22 下午

残念ながら、男子はちょっと、、、。
「老子愛大米」はつい曲が良すぎた、台湾でCDを購入してしまいましたが。
あまり深みにはまらぬよう、中華ポップスの女子に限ってつまみぐいしてます。
蠍座のしっぽなんで、熱しやすく冷めやすくクラッツックはもちろん、ヒーリングから、民族に移り、ヒュージョン、禁断のジャズには1年半どっぷりの後の偶然のチャイナポップスです。
台湾の日本語放送http://www.cbs.org.tw/Japanese/
のミュージックステーションで、視聴しながら食指をのばしてます。
クィックチャイナで10枚ほどジャケ買いしましたが、なかなかはずれないです。何てったって、CDにVCDやらDVDやらおまけについて千数百円ですから、安いもんです。
ちなみに、エニグマはもちろん、ディープフォレスト、シークレットガーデンなども好きです。ジャズピアニストだと、ころころ転がるような指裁きのRed Garland,サックスなら、鼻の詰まった感じのポールデズモンド、ペットなら青臭いブルーミッチェルなんぞがお気に入りです。
音楽まみれはいいぞーーーー。
しかし、焼きまくったジャズは死ぬまで絶対聞ききらないだとうなー、しくしく。
Sugar

Posted by: osatou | 2005.11.03 at 08:49 下午

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19209/366964

Listed below are links to weblogs that reference 張 韶涵(アンジェラ・チャン):

» 旅先で会ったヘンな人 [中国遺跡巡り]
 昨日、岸上さんのブログにコメントをつけた時、ウルムチであったヘンなアメリカ人に [Read More]

Tracked on 2004.03.30 at 09:55 下午

» Over The Rainbow 張韶涵 [蓮霧の季節]
Over The Rainbow 張韶涵 台湾 福茂唱片 2004.3発行 張韶 [Read More]

Tracked on 2004.05.31 at 11:48 下午

» 台湾のアイドルだったんですね [単身赴任 杜の都STYLE]
台湾のアイドルは・・・ [Read More]

Tracked on 2004.09.07 at 09:25 下午

« 歓楽谷續集之熱閙江湖 | Main | 当局によるアクセス規制の話 »