Main | 三月 2004 »

2004.02.29

またもぶらり香港

 この日曜は、また香港行っちゃいました。ここんところ日曜は香港をうろつくか、さもなくばオフ会という生活になってきていますね(^^;)。

 さて先々週吉野屋に行ったときは蛇口から上環へフェリーで乗り込むと言う力技を使いましたが、今回は正攻法で羅湖を通りました。

040229lohu.jpg

 奥に鎮座する楼閣が羅湖の通関で、その手前に展開されている光景は地下鉄駅の工事現場です。ご覧のように付近一帯をまるごと深々と露天掘りして、そこにビルを建てる要領で地下駅を作っています。昔来たときにこんな空き地はなかった筈ですから、何かの施設なりビルなりがあったのを、新しい計画が立ち上がったので根こそぎぶっ壊して再構築しているものと考えられます。深圳の街そのものが新しいのですから、老朽化した一角を再開発でと言う訳でもないでしょう。多いですね、中国はこのパターンが。綺麗だった並木道が、ある日突然街路樹が軒並み引っこ抜かれ、アスファルトも掘り起こされて泥まみれの道路になったかと思えば、気が付いたら拡幅された道が整然と誕生したりしてます。日本だと無計画から来た公共予算の無駄遣いになるところでしょうが、そこはお国柄、これも雇用確保に貢献しているのかも知れません。なにやら一昔前にはやった「シムシティ」を思い出します。

 それにしてもこちらの工事現場って、ぱっと見たところでは建てているのか壊しているのかさっぱり見分けが付きません。

 と言う訳で、今回は羅湖から旺角まで電車で行きました。まっとうに皮蛋痩肉粥で腹ごしらえして、さてせっかくDVDプレーヤーも買ったことだし、ソフトを買い込もうと今年初めて信和中心へ。ここに通うようになって何年たつだろう?よわい40にして信和中心をうろつくのも何だかなぁ(^^;)。

 買い物の後は天星碼頭の東でおなじみの風景を眺めるのです。

040229hongkong.jpg

 観光スポットなので、写真を撮る人が多いです。近頃はデジカメの比率も上がってきましたが、今回見たのは携帯電話のカメラ機能で記念写真を撮ってる人が何人もいたことです。GSM携帯もそう言う時代になったんですねぇ.....と、セブンイレブンに置いてある新聞を見ると「携帯電話のカメラでパンチラ写真を盗撮してインターネットで公開した事件!」と言う記事がフルカラーのパンチラ写真ともども1面にデカデカと載っていました。あぁ人間のやる事って何処も同じ....(;´Д`)。

------------------------------------------

 おまけです。昨日は台湾で大きなイベントがあったらしく、珍しく台湾版蘋果日報が香港で売られていました。政治絡みなのでコメントは控えさせていただきます(^。^;)。

040228hongkong.jpg 香港版蘋果日報
040228taiwan.jpg 台湾版蘋果日報
Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.02.27

りーじょんふりーヽ(´ー`)ノ

 昨日、とうとう買ってしまいましたよ。歩歩高のDVDプレーヤー。

dvd.jpg

 寮の部屋にはテレビはあるので、接続すれば巷のDVD見放題....と言うのが目的ではなく、これは日本で使うために買ったのです。何もDVDプレーヤーなんぞ中国で買わずとも日本でも安く手に入るのですが、どっこい中国では「リージョンフリー」が売られている、と言うより、リージョンフリーしか売られていないのです。

 知っている人は知っているDVDのリージョンコードですが、こんな風に世界中が6種類にコード配分され、例えばアメリカで買ったDVDソフトは日本で買ったプレーヤーでは見られない、とかそう言うふうになっているそうです。どうもDVD開発時にハリウッド関係がごり押ししたと言う噂です。地図を見ると日本は見事に周辺国と寸断されていまして、アメリカはもちろん、中国や香港や台湾や韓国で買ったDVDソフトも見ることは出来ないのです。

resion_map.jpg

 ところで日本と同じリージョンコードにヨーロッパが入っていますが、ヨーロッパで買ったDVDソフトが日本で見られるのかというとさにあらず、テレビの方式が日本はNTSC、ヨーロッパはPALと言う方式で、これまた互換性がない為に鑑賞不可なのです。この電波の方式とリージョンコードによって、世界中が細かく寸断されていると言う事です。このやろーヽ(`Д´)ノ!

 しか〜し、中国のDVDプレーヤーは、これを見事にクリアしているのです!まず何処のリージョンコードでも見られるリージョンフリーである上に、NTSC/PAL自動判別機能も付いています。その上「超強兼容DVD・超級VCD・VCD・CD等標准格式■片・流暢解讀MP3・CD-R/RW・柯達Picture CD」なども再生可能....って、中国語なので何が何だかわかりませんが、とにかく読めないものはないらしい。パッケージには「MPEG4」の文字も印字されていました。因みに文中の「■」は「蝶」の字の「虫」の替わりに「石」を入れてください。さらに電圧110V〜250V対応、周波数50Hz/60Hz対応。つまり日本で使うのには何の問題もないのでありました。もとデータはこちらです。要GBコード。

http://www.gdbbk.com/bin/sample/room/showsample/~administrator?sample_id=7007719

 すごいぞ歩歩高!さすがに政治家に転身した今は違うと思いますが、1年ほど前までこの会社のイメージキャラクターはシュワちゃんがやってました。これ本当の話。確かに向かうところ敵なしだわ。

 これで香港映画のDVDソフトを気兼ねなく買えますわんヽ(´ー`)ノ♪さっそく日曜は香港爆貧詣でになりそうな予感(=゚ω゚)ノ。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.02.23

カラオケ三昧!

 昨日行って来ましたよ、健全なカラオケに。(わざわざ「健全な」と付けるからには「不健全な」カラオケってあるのか?と言う突っ込みは無しにして下さい(^^;))。場所は市政府の北東です。

coobiedragon.jpg

 ほとんど日本式というか、台湾式なのかも知れませんが、普通に部屋をチャージして歌うのですよ。無線機片手にママさんがやって来たりもしません。食べ物や飲み物は電話で頼むのではなく、カラオケハウスの一角にコンビニの様なコーナーがあり、自分で買い物かごに入れてレジで支払うだけです。これは便利。日本でもやって欲しいなぁ。

 ここの曲のレパートリーはかなり豊富で、驚いたのが日本語曲の充実ぶり、と言うか、映像が日本で使われているものそのまんまだったこと。巷にあるアヤシイ日本語の歌詞ではないところが実に嬉しい。中国語曲はもちろん本歌の歌手のプロモビデオがしっかり流れます。7年来の友達と来たためにはじけまくりの歌いまくりでした。多分2週に一度くらいの割合で来ることになるでしょう。頑張って歌のレパートリーを増やしまくるぞっ(`^´)!

dengxiaoping.jpg

 おなじみの看板です。カラオケに行く途中に通りがかりました。地元でも観光スポットらしく、小平さんをバックに写真を撮ってくれる写真屋が大勢いて熱心に客引きをしておりました。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.19

歓楽谷

huanlegu.jpg

 住んでいるところの程近くの風景です。ここの遊園地は「歓楽谷」と言う名前です。「かんらくだに....」と思わずつぶやいてしまいそうですが、中国語では「ホァンレーグー」って感じの発音で、至って健全な施設です。

 ここら辺界隈は「世界之窗」とか「民俗文化村」とかの娯楽施設がひしめいています。世界之窗では7時になるとババーンとスター・ウォーズのテーマ曲が鳴り響き、エッフェル塔からレーザー光線が照射されます。夏場は9時になると夜な夜な花火がドドドドッと打ち上げられていました。こんな環境でひーひー言いながら残業している自分がいたりします。因みにどの施設もまだ行ったことがありません。

 右端に見えるのは娯楽施設を周回して上から眺められる遊覧モノレールです。これは一度乗ってみたいです。名前は歓楽幹線....かんらくかんせん....ヽ(´ー`)ノ。

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.18

吉野屋

 2月11日から吉野屋が牛丼の販売を停止したとな。果たして香港の吉野屋ではどうだろうかと、日曜日にちょっと行ってみました。ちゃんと売られていましたよ。行った人はご存じだとは思いますが、こっちの吉野屋はレジでお金払ってトレイを自分で席まで持っていくマクドナルド方式です。お茶も紅生姜もありませんが、セットメニューによってはペプシ(^^;)やキムチが着いています。味はまあまあです。できたら「つゆだく」を頼みたいんですが、広東語でなんて言ったらいいのかがわからない。

yoshinoya.jpg

 そう、と言う訳で、日本の皆さん、牛丼が食べたければ香港へ行こう!.....なんて言っていたら、自宅の相方より「京都競馬場の吉野屋では特別に牛丼を売っているよ」との情報が入りました。さすが公営ギャンブルは強い(^^;)。

 この4月にはいよいよ深圳にも吉野屋が出来るらしいです。開店したら行ってみよう。
http://www.yoshinoya.com/news/031210_1_ir.html

Click!  >>>>>   世界中からBLOG   <<<<<  Click!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Main | 三月 2004 »